かほり日記 jamico.exblog.jp

〝歌織〟のボーカル   Kaoriの日記


by gek-ko
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:マクロビオティック ( 12 ) タグの人気記事

梅のお仕事

今日は満月。
なので、梅のお仕事を一気にやります。いろいろと試した結果、満月に漬けたモノが一番美味しい!と感じたので。
ボイドタイム(月が働かない時間)を避けると、満月の時間は20:55~04:02までの間。
この時間にお財布もフリフリ、満月の塩を入れた水で浄化しつつ、お月様に感謝感謝!

毎年、梅酒はお砂糖を使わない三河本みりんで漬けているマクロビオティック梅酒。マドンナも飲んでるんだとか♪
とーっても美味しいのですが、今年は玄米焼酎と黒糖を使って仕込んでみることにしました。
玄米焼酎(35℃を使います)も黒糖も自然食やさんで手に入ります。
e0075673_1584363.jpg


梅は無農薬のものを近所のお世話になっている自然食やさん「美味」で仕入れています。ここの食材は素晴らしく良いもので美味しくて感動しちゃいます。特に栗は感動しました!野菜もシャキシャキで最高なんです!

「美味」のおばちゃんが美味しいはと麦茶とハブ草茶のブレンドを入れてくださるので、ついつい健康話で盛り上がってしまって・・・気付けば1時間以上経ってたりして。

青梅1㎏、玄米焼酎35℃1.8ℓ、黒糖300g
3か月経てば飲めますが、1年は熟成させたいです。去年仕込んだ本みりんの梅酒をちびちび飲みつつ、楽しみに待ってみよう♪

そして、とても良い香りのする無農薬の黄色い梅を使って梅干しも仕込みます。塩は天然の良いものを!ケチってはダメなんですって。ケミカルな食塩は体によくありませんのでNG。自然の天日干しのものを使います。今年は海の精の天日干し100%(海の晶)にしました。あと、試しに「キパワーソルト」。

「申年にとれた梅は、縁起が良い」といわれています。平安時代、悪疫が流行したある申年の年に、当時の天皇だった村上天皇が、梅干しと福茶(昆布茶)で病を治したという言い伝えが残っています。
江戸時代の申年の年に病(コレラ)が流行したときも、梅干しを食べていた人たちは無事だったという言い伝えもあります。
「申年」だけに「悪いものが去る年」という意味もあるのだとか。

梅1㎏に対して塩は180gで作ります。

熱湯消毒して焼酎を吹き付けたガラス瓶に塩→梅→塩→梅→塩と入れて上からビニール袋にお水を入れて重石の代わりにします。

梅シロップはお先に仕込んでしまいました。体に優しい甜菜糖を使います。白砂糖などのお砂糖は血糖値が急激に上がるので体に負担がかかってしまいます。糖尿病の原因にもなります。白砂糖はケミカル。うつの原因になるとも言われています。
今年は酢も入れてみました。殺菌効果があるんだとか。オーガニックはちみつと甜菜糖のブレンドのものも作ってみました。砂糖が溶ければ完成です。

うーん、楽しみ♪

お月様に感謝☆
by gek-ko | 2016-06-20 16:06 | 満月○

マクロビランチ♪

LIMA CAFE で仙台の同級生とマクロビオティックランチ♪
テイクアウトも出来るそう~
使っている食器も安心安全なものが使われていました。

隣りには安全な有機野菜や洗剤、化粧品、食品などが置いてあるショップが併設されています。
クッキングスタジオも♪

新宿ですよ~
e0075673_14553652.jpg

by gek-ko | 2014-06-03 16:44 | マクロビオティック

マクロビ的梅酒♪

満月の夜に仕込んだマクロビ梅酒。

マクロビ梅シロップも仕込みました~♪

ホワイトリカーはケミカル・・・なので、マクロビではなんと!本みりんのみで漬けるのです。

それも昔ながらの製法で造り上げる、三河本みりん。

梅1kgに対して三河本みりんが1.8ℓ

梅を良く洗って乾かし、ヘタを丁寧にとって水分をよく拭きます。で、私はビニール袋に入れて一晩冷凍します。こうするとエキスが出やすいのだそう。

洗って乾かし、焼酎で消毒した瓶に梅と本みりんを入れておしまい!(瓶は4ℓのものが良いかと)
簡単なんです。

3ヵ月~飲めますが、1年置くと熟成されてかなりまろやかになりうま~い!

マドンナも飲んでいるのだとかー


うーん、楽しみ♪
e0075673_13253956.jpg

by gek-ko | 2013-06-29 13:26 | おいしい
e0075673_16415488.jpg

資格とれました~♪
わーいわーい
非常に勉強になりました!
特に添加物の種類には驚いてしまった。
世の中、添加物だらけで買えるものないわ…
ま、出来ることを出来る限り、ストレスにもならないようにやれればいいのではないかと思います。

うちの食事は無農薬玄米、味噌汁、納豆、切り干し大根、ひじき蓮根、漬け物…そしてなるべく地場の物で旬の物を取り入れるようにしています。

でも、外で食べたりするときは気にせず食べてまーす。

農薬の野菜だって自然塩で洗って心を込めて愛情たっぷりに作ればすごいパワーになるんだそう~

ジャムおじさんが「おいしくなぁれ♪」っていいながらパンを焼いてるのを思い出しちゃった。
by gek-ko | 2013-04-05 16:40 | マクロビオティック

間違えてました。

地球滅亡説。

22日じゃなかった、21日だったんだ。(21日~23日とか?)

アハハハハ。

さて、何がおこるのでしょう?明日072.gif

滅亡しなければ!

23日のライブは開催しますのでぜひぜひ~♪

今年最後のヨガも終わりました。今年の毒をたっくさんだしてきました。気のせいか?足を組むのも楽になり、
以前よりやわらかくなってるような。
呼吸法も効いてるのか、声も出しやすいような。

肺呼吸すごいかも♪

ヨガ&マクロビオティックこれからも続けていこー。

新時代の始まり、楽しみだな~。
by gek-ko | 2012-12-20 09:42 | LIVE

2日連続ヨガです

e0075673_17152473.jpg

毎週1回ヨガに行ってますが、今週は2回。
今日のヨガは腹式呼吸でまた違うタイプのものでした。
毒がいっぱい出て体がかるぅ〜い♪
目も良く見える〜

秋冬はいろいろとたまる時期らしいのでドンドン絞り出さないとー!

ヨガの後は七つのチャクラのハーブティーを飲むとさらにGood

さて、どのチャクラにしよかな。
by gek-ko | 2012-11-14 16:18 | マクロビオティック

マクロビ梅酒

e0075673_8321514.jpg

6月に仕込んだマクロビ梅酒、
うめ〜♪

昨日は徳島からあがぴんが一家で来てくれました。

石黒も忙しい中来てくれて宴会。
白石ちゃんは参加出来ず、残念!

懐かしい芸大時代の写真を見ながら盛り上がりました。フフフ。

甲田寮写真。

これだれだっけ?とか失礼な事をいいながら。。。

私は、毎回金縛りにあって怖かった寮。

オバケうつってなくてよかった。。。
by gek-ko | 2012-11-05 23:17 | マクロビオティック

マクロビ的梅シロップ

マクロビ的梅シロップ、できた~っ。
ジュースでのんだら超うまいっ!!!
赤紫蘇ジュースは今年2回目~。こちらもてんさい糖で作りました​♪

梅酒はまだまだまだー。

e0075673_11452977.jpg

by gek-ko | 2012-07-30 11:47 | マクロビオティック
「マクロビ的梅酒」仕込みました♪
マクロビでは氷砂糖も​ホワイトリカーもNG。
なのでなんと!本みりんで漬けます。
マクロビオティックといえばマドンナ。
マドンナもこの三​河本みりんで漬けた梅酒を飲んでるんだとか~。
ついでに梅シロップも仕込みました♪こちらはてんさい糖​で。
楽しみ~♪
e0075673_044839.jpg


そして、
普段はノーメイクな私。お出かけの時のみ(月に1、2回​?)メイクをしますがファンデーションは嫌いなもんでそ​のままいきなりアイメイクしてチークぬってしゅーりょー​。
ファンデーションはあちこち色がつくので苦手・・・。
口紅も食べちゃうのであまり得意ではない・・・。
でも、この日差し。
さすがに紫外線が気になってきたので​日焼け止めくらい塗らないとね。

ということで手作り日焼け止め作ってみました。ついでに​アロマオイルで虫よけスプレーと消臭スプレーもねん。
e0075673_0454485.jpg

by gek-ko | 2012-06-27 00:47 | ナチュラルに行こう!

熱性けいれん

めいめい3歳の誕生日067.gif
に、いきなり熱出して久々の痙攣!
何度見てもおそろしい~。んで、こっちがパニックになってしまいます。

いちおう受診はして、先生のアドバイスを受けつつレメディーで対処。
ホメオパシーのホームページを読んで「なるほど~」と思う文があったのでコピーさせていただきました。
興味のある方のみ読んでみてねん。

特に熱性けいれんを起こすお子さんのママは読むと心強くなれるしパニックにならずに済むかと。



「熱が出たら、すぐに解熱剤を飲んで熱を下げようとするのがアロパシーで、その立場に立つのが現代西洋医学です。アロパシーの根底には、症状をよくないものとする考え方があるので、症状を敵とみなし、抑圧しようとします。 いわゆる対症療法です。

しかし実は、熱は出る必要があって出ているものなので、きちんとした理由があるのです。
たとえばウイルスに感染したとき、ウイルスは熱に弱いので、体は熱を出すことでウイルスの活動を弱め、ウイルスが脊髄から脳髄に入っていかないように防衛しているのです。

一方で、熱は体毒を溶かして外へ出そうとする役目も担っています。詳しく説明すると、感染症や炎症が起こると、後述するマクロファージ、NK細胞、キラーT細胞などの免疫細胞が活動を開始して細菌や毒素などを殺していき、このときに粘液や膿汁が生み出されます。粘液や膿汁は、活性化した白血球と細菌、死滅した細菌の残骸、体液などが混ざった老廃物の集まりです。この粘液はゲル状なので、温められると水分を含み液体のようになります。そこで体は体温を上昇させ、いち早くそれらの老廃物を体外に排出しようとするのです。発熱は、視床下部から特別な発熱性ホルモンが出ることで引き起こされます。

つまり発熱とは、感染症や炎症に対する体の正常な反応であり、毒素や老廃物を排出するために必要なものなのです。しかし多くの子どもたちは、発熱すると解熱剤を与えられて、無理やり熱を下げられてしまいます。体が冷やされることによって粘液は濃厚になって体内に溜まり、後に慢性的な中耳炎や副鼻腔炎、胸部カタルなどを引き起こすことになります。これらの粘液は内臓や泌尿器組織の内部に蓄積する傾向にあるので、さらに体内で細菌を増殖させる温床となり、再発性の感染症を悪化させる傾向を強めていってしまうのです。ですから、感染症や炎症時の発熱を解熱剤で下げてはいけないのです。

人体のメカニズムというのは、実によくできているわけです。このように、発熱というのは侵入した病原体の活動を抑えたり、体毒を排泄して健康体を回復するための体の浄化作用のあらわれであり、必要な治癒のプロセスなのです。 そのような大切な浄化作用である発熱を解熱剤で抑圧してしまうと、当然ながら治癒のプロセスは停止し、異物や病原体の排泄も十分行われずに終わってしまいます。ですから解熱剤で熱を下げると、ウイルスは一足飛びに頭の中に入ってしまい、髄膜炎を起こして死んでしまったり、麻痺して動けなくなるということが起こりうるのです。

この治癒のプロセスや排泄のプロセスを強引に止めることは、発熱それ自体よりもはるかに危険なことなのです。実際のところ、41℃までの熱では死ぬことはありませんし、障害が生じることはないのです。しかし、その熱を解熱剤で強引に止めようとすることで生命が危険にさらされるのです。とりわけ、長年慢性状態にあって体毒がたくさん溜まっている人が、排泄のプロセスとして発熱した場合、解熱剤で強引にその熱を止めてしまうことほど危険なことはありません。たとえ熱性痙攣が起きても、肉体的反応から 免疫反応に変わっただけです。白目をむいたり、身体がビクンビクンとするのはすべてのエネルギーを免疫の活動に使うために眠りに入ろうとしてビクついているのです。熱性痙攣の痙攣という言葉がおかしいのです。痙攣は眠りに入る前のビクツキなのです。熱は反応であり、原因ではないのです。熱では死なないのです。熱を怖がらないことが大切です。

急性症状の場合は、熱を抑圧しても、体はなんとか毒を出して浄化しようとしますから、がんばってまた熱を出します。しかし、このとき再び解熱剤で熱が抑圧されてしまうと、体はもう高熱を出すことができなくなり、異物や病原体が血液中にとどまり続けたまま、微熱が出続ける慢性病態へと移行してしまいます。いったんこうなってしまうと、もとの健康体になるのはとても難しくなってしまうのです。実際、熱で死んだりはしないのです。はしかでもはしかの熱で死ぬのではなく、体毒を押し出そうとしているのに、それを解熱剤で止めることで、生体の治癒のいとなみができなくなって死に至ることがあるのです。


このように、症状や病原体を悪とみなし、解熱剤、抗炎症剤、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、抗生物質、抗ウイルス剤、抗菌剤、抗うつ剤などを使って、出ている症状をなくしてしまおうとする手法がアロパシーの考え方です。これはまさに対症療法であり、根本的な解決を先送りするばかりか、より治癒しがたい新しい病気をつくりだすことになります。

それに対してホメオパシーは、症状は体の浄化作用のあらわれであると考え、その治癒のプロセスを加速させるために、症状と同種のものを与えようとする療法です。アロパシーの場合は熱には解熱剤でしたが、ホメオパシーでは熱には熱を与えます。ホメオパシーによって熱の情報を与えられた体は、いま自分の体に起こっている状態を自覚し、自己治癒力をフル回転させます。熱を下げるのではなく、熱を出し切るように自己治癒力が動きはじめ、自分の力で治癒していくのです。そうやって症状を出しきらせて、根本から治していこうというのがホメオパシーの手法です。」

おつかれさまでした~。あとはマクロビオティックで強い身体を作り免疫力アップ♪
by gek-ko | 2012-05-05 13:55 | ホメオパシー